お祭り・イベント・サークル活動にオリジナルはっぴがおすすめ

法被

日本の伝統「法被」

人と牛の人形

日本の伝統の一つでもある法被(はっぴ)。しかし、今では見ることの少なくなったものです。昔は、消防士も着ていたそうです。意外ですね。そんな法被ですが今も一部ではありますがお祭り以外でも着ることはあると思います。例えば、飛行機のファーストクラスでは機内着として使われていたり、野球などの応援・観戦などでも着られている人を見たことがあると思います。また、百貨店や商店街のセール時に店員さんが着ることも。そんな、法被ですが江戸時代末期になると襟から胸元にかけて縦に文字を入れ所属や名前、意思などを表しユニフォームのようにして使われていたそうです。
今では、ネットなので注文するだけで自分の好きな文字入れオリジナルの法被を注文できるようになっています!仲間や地域の人達と同じ法被をお祭りや行事を行うとより、思い出深いものになったりするものです。ネットを使いプリントや刺繍といった自分でやるには少し大変なものも、安くたのめるようになっています。
ほかとは違う自分たちだけの法被を作って見ませんか?普段は全く着る機会のない日本の伝統ある法被を着てお祭りなどに行けばいつもとは違う気分が味わえると思います。是非仲間たちとお揃いの法被を着て参加してみてください。

お知らせ

TOP